NICT

聴覚障害者とのコミュニケーション支援アプリ

SpeechCanvas

声がそのまま
文字になる。

指でかいて
会話ができる。

App Storeでのインストールはこちら!

パンフレットのダウンロードはこちら

お知らせ

2016/05/20
SpeechCanvas バージョン1.4 を公開しました。
・iPhone4S以降のiPhoneに対応しました。
・iPod touch(第五世代)以降に対応しました。
2016/04/22
このたび発生した平成28年熊本地震により被災されたみなさまに、心よりお見舞い申し上げます。
「SpeechCanvas」は、タブレットやスマートフォンに事前にインストールしておけば、インターネットに接続できない状況においても、ご利用可能ですので、ネットワーク環境が不安定な場所でも安心してご利用できます。
ダウンロード、ご利用ともに無料ですので(iOS版のみ)、被災地にいらっしゃる聴覚障害者のみなさまとのコミュニケーション手段として、ぜひご活用ください。総務省からのお知らせはこちら
その他、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)からの被災地支援の緊急対応に関するお知らせはこちら
2016/02/26
SpeechCanvas バージョン1.3.1 を公開しました。
・不具合を修正しました。
2015/08/20
SpeechCanvas バージョン1.3 を公開しました。
・お気に入り/履歴画面を追加しました。
・写真表示機能は、お気に入り機能に吸収しました。
2015/05/01
SpeechCanvas バージョン1.2 を公開しました。
2014/09/26
SpeechCanvasのサポートページを公開しました。

SpeechCanvasとは…

SpeechCanvasを使用しているところ

SpeechCanvas(スピーチキャンバス)は、聴覚障害者と健聴者との会話を、音声認識技術を使って強力にサポートするアプリです。

話した言葉が次々と画面上で文字になり、画面を指でなぞれば絵や字がかけます。操作がシンプルでわかりやすいので、どなたでも簡単に使えます。

インターネットがつながらなくても音声認識してくれるので、いつでもどこでも安心です。

公共機関の窓口応対や店頭での接客サービスのほか、職場や学校、ご家庭など、生活のさまざまなシーンでお使いいただけます。

さらに詳しく…

動画でわかるSpeechCanvas

<