NICT

聴覚障害者とのコミュニケーション支援アプリ

SpeechCanvas

声がそのまま
文字になる。

指でかいて
会話ができる。

アプリインストールはこちらから!

お知らせ

2016/11/15
SpeechCanvas iOS版 バージョン1.5 を公開しました。
・ふりがな機能が付きました。
・不具合を修正しました。
2016/10/03
SpeechCanvas iOS版 バージョン1.4.1 を公開しました。
2016/09/20
SpeechCanvas のAndroid版を公開しました。
本リリースに関するNICTからのお知らせ。
2016/05/20
SpeechCanvas バージョン1.4 を公開しました。
・iPhone4S以降のiPhoneに対応しました。
・iPod touch(第五世代)以降に対応しました。

その他更新履歴

SpeechCanvasとは…

SpeechCanvasを使用しているところ

SpeechCanvas(スピーチキャンバス)は、聴覚障害者と健聴者との会話を、音声認識技術を使って強力にサポートするアプリです。

話した言葉が次々と画面上に、ふりがな付きで文字となり、画面を指でなぞれば絵や字がかけます。操作がシンプルでわかりやすいので、どなたでも簡単に使えます。

インターネットがつながらなくても音声認識してくれるので、いつでもどこでも安心です。

公共機関の窓口応対や店頭での接客サービスのほか、職場や学校、ご家庭など、生活のさまざまなシーンでお使いいただけます。

さらに詳しく…

対応機種とOS

iOS

機種 : iPad シリーズ, iPhone 4S 以降、iPod touch (5G) 以降
OS: iOS7.0.3 以降

Android

OS:4.0以降

※なお、Androidはすべての機種で使用できることを保証しているわけではありません

動画でわかるSpeechCanvas

<

関連アプリなど

VoiceTra

こえとら

みんなの自動翻訳